fc2ブログ

営農支援システム「てん蔵」

晴れ後雨 最高気温:13℃ 最低気温:5℃

以前、農協から取りまとめが来て申し込んでいた、
営農支援システム「てん蔵」が使えるようになった。
パソコンを使ってネット接続し、
気象予報・データ、営農日誌、畑作物生育・病害虫予察、
その他、様々な事に使う事が出来る。
上士幌の気象データを眺めているだけで結構面白くて、
過去5年間の比較も一発で出来るし、
天気予報は上士幌の天気や気温だけじゃなく、
風向きや風速まできちんと出てくるのが有難いな。
とりあえず天気予報と気象データを眺めつつ、
営農日誌を主として活用していこうと思う。

デントコーンのバンカーサイロ作りのお手伝い

晴れ時々曇り

日中は地域の秋の神社祭に参加。
昼間っからのビールは相変わらず効くなぁ・・・。
美味しいけど。

夕方、いつもどおりに搾乳作業をしてから、
頼まれていた事があって夜19時過ぎにご近所の酪農家さんへ。
バンカーサイロに詰められた細断したデントコーンに、
ラップとブルーシートをかけて、
重石としてのタイヤを上げていく作業を手伝った。
去年もやったんだけど、今年は量が多い上、人手は少なく、
タイヤにたまっている水を何度も被り、
ビチャビチャのドロドロになりながら作業する事、数時間、
気がつけば日付が変わっていた・・・。
帰宅したのは翌日の午前1時前。
ヘロヘロに疲れ、シャワーを浴びて布団に吸い込まれた。
この作業は相変わらずキツいけど、
色々お世話になっている方に、少しでも力になれるのは嬉しく思う。

ジャガイモの収穫風景

2012-kamishihoro100.jpg

曇り時々晴れ

うちの草地越しに見たジャガイモの収穫風景。
ジャガイモは冬の間もずっと保存出来るし、
ピザ生地にしたり麺にも出来るとても有難い野菜。
ご近所の農家さんから新ジャガのキタアカリを頂き、
とても嬉しくてホクホクしながら毎日食べている。

猟銃所持許可証の交付とターハントRSG20

2012-grace412.jpg

2012-grace413.jpg

晴れ時々曇り

去年の5月26日に始まったハンターになろう計画、
1年以上かかってようやく猟銃を所持するに至った。
その行程は、
①猟銃等講習会受講申込(公安委員会)
②猟銃等講習会受講
 講習修了証明書交付(有効期限3年)
③教習資格認定申請(公安委員会)・・・身辺調査
④認定証交付(有効期限3ヶ月)
⑤猟銃用火薬類等譲受許可申請(公安委員会)
⑥猟銃用火薬類等譲受許可証交付
⑦譲受許可証等提示(火薬類販売店)
 猟銃用火薬等譲受
⑧射撃講習受講(射撃教習場)
 教習修了証明書交付(有効期限1年)
⑨猟銃譲渡等承諾書(譲渡者・鉄砲店)
⑩所持許可申請(公安委員会)・・・身辺調査
⑪所持許可証交付
⑫許可証提示(譲渡者・鉄砲店)
 猟銃譲受
⑬猟銃提示(公安委員会)
 猟銃確認(猟銃譲受から14日以内)
というもの。
莫大な手間をかけて書類を作成し、いくつも試験を受けて合格し、
そして身辺調査を2回受けてようやく今日の日を迎えた。
ただ、順風満帆だったわけではなく、
なんと射撃講習の合格証の有効期限最終日だった。
もし猟銃所持許可が1日でも遅れれば、
また射撃講習からやり直しとなるところで、まさにギリギリ。
ここまで猟銃所持申請が遅れたのは、
中古のガンロッカーと装弾ロッカーを見つけるのに手間取り、
そして当てにしていた猟銃が手に入らない事になったから。
最後は友人のハンターを頼り、
知人のハンターの猟銃を譲ってもらえることになったのだった。

その猟銃、「ターハントRSG20」という。
まだ銃に詳しくないのでその価値はよく分かっていないんだけど、
なにやらとても貴重で垂涎の的となるような散弾銃なんだそう。
ハンターとなっても10年以上の経験がなければライフルは持てず、
その期間、射程の短い散弾銃のみで、鹿猟には適さない。
でも散弾銃は散弾銃でも、ハーフライフルという代物は、
なんと例外的に所持することが許されていて、
普通の散弾銃とは比べ物にならない射程と精度があるんだとか。
そのハーフライフルの中でも、ターハントは特別なんだそう。

とりあえず今日はその猟銃所持許可が下りるという事だったので、
牛に2回目の飼い付けと、昨日授精した牛の排卵確認の後、
すぐに出発して帯広警察署へ向かった。
警察署で猟銃所持許可証の交付にかかる最後の手続きを終え、
ついに、無事ハンターに!
あとは申請してあった猟銃、ターハントRSG20を帯広警察署に持参し、
現物確認を終えれば猟銃を持っているハンターとなる。
今回はまだ猟銃が手元に無く、用足しもここまでと思い、
せっかく帯広に出てきたので、真鍋庭園を散歩する事にし、
一通りまわってさて帰ろうかなと思ったところに、
ちょうど鉄砲店から、譲ってもらった猟銃が届いたとの電話を受け、
引き取りにいき、そのまままた帯広警察署に持ち込んだ。
帯広警察署で、所持する事になった猟銃、
ターハントRSG20を提出して現物確認を受け、
ついでに火薬譲受申請をし、
実弾を希望の数購入できる許可証をもらった。
そう、実弾を購入するのも自由に購入できるわけではなく、
警察に申告した数だけしか購入できない。
必要となる実弾の数を申請し、許可されて初めて、
指定の数、使用場所で射撃する事が可能となるわけだ。
今回は射撃場での使用目的で実弾を買える許可証をもらったので、
機会を見て、射撃場に行って練習しようと思う。

とりあえず猟銃許可が期限に間に合って本当に良かった~。
そしてターハントRSG20との出会いに感謝。

猟銃所持許可の申請

曇り

猟銃所持許可申請に必要な書類が揃ったので、警察署へ。
1時間半ほどいくつかやりとりをし、書類は受理してもらった。
やっとここまで来た。
まだこれからやらなきゃならない事もあるけど、
とりあえずは一段落かな。

猟銃所持許可申請の準備色々

曇り後晴れ

去年、猟銃所持講習会、狩猟免許、そして射撃教習まで終え、
あとは実際に猟銃を所持する一歩手前まで来ていたものの、
中古のガンロッカーや装弾ロッカー、そして猟銃が見つからず、
今の今まで猟銃所持申請が出来ないでいた。
もちろん新品で揃えられればすぐに出来たんだけど、
経済的にそこまで余裕は無かったので、
ロッカーはネットオークションで探し、
そして銃は友人の知人から譲ってもらえる事になった。
沢山用意しなければならない書類を準備し、帯広へも。
なかなか忙しい。

第48回上士幌町家畜品評会

2012-kamishihoro084.jpg

2012-kamishihoro085.jpg

曇り後晴れ

上士幌の家畜品評会を見に行った。
乳牛の部、肉牛の部、馬の部に分かれて審査され、
最高位賞・準最高位賞を始め、序列が決められる。

2012-kamishihoro082.jpg

2012-kamishihoro083.jpg

私はかつて、根室管内の馬の品評会の審査員をしていたので、
第三者としてこうして品評会をゆっくり見られるのは有り難い。

いつか酪農経営を安定させることが出来たなら、
品評会に出しても恥ずかしくないくらいの牛を作ってみたいし、
目標を持って営農し、頑張っていきたいなと思う。

ガンロッカー&装弾ロッカー

2012-grace280.jpg

2012-grace279.jpg


曇り

去年の5月13日の猟銃等講習会の試験に合格し、警察の身辺調査をクリア、
そして7月3日の狩猟免許試験に合格し、7月21日には射撃教習も合格した。
あとはロッカーを手に入れて、所持する猟銃を特定し、
警察の許可を取れば晴れてハンターになれるという状況だったものの、
資金的な余裕が全く無く、棚上げしたままだった。
猟銃は友人が無償で譲ってくれるというので、
あとはロッカーだけだったんだけど、
このロッカーも新品で買うとかなり高価で手が出ない。
ただ、このままだとせっかく様々な試験に合格したのに、
それらの有効期限が切れてしまう。
そこで、何とか中古のロッカーを手に入れようとずっと探し続け、
数日前、ようやく、ネットオークションを通じ、
中古のガンロッカーと装弾ロッカーを手に入れたのだった。
さあいよいよ猟銃の譲受申請をし、所持許可をもらう段階に入ってきた。
多くの書類を揃えるのが大変なんだけど、あと一歩、頑張ろう。