fc2ブログ

箱根駅伝・日体大30年ぶりの総合優勝

2013-grace003.jpg

晴れ 最高気温:-4.7℃ 最低気温:-18.5℃

天気は良いものの、風が強くて雪が吹き溜まり、
トラクターの中ではラジオで箱根駅伝の中継を聴きながら、
せっせと除雪。
今年の箱根駅伝は下馬評を覆し、
予選会から勝ち上がってきた日本体育大学が、
30年ぶり10回目となる総合優勝を果たし、
とても面白くワクワクした中継だった。
日本体育大学は前年繰り上げスタートを経験し19位と大敗、
途中棄権でのシード落ち以外での予選会組の総合優勝は、
初となる快挙とだった。
心・技・体の全てが一番充実していた結果だろうし、
技や体は、有力校と言われていた他の大学の方が、
もしかしたら上だったのかもしれないけど、
前年の屈辱を晴らすという執念がひときわ強く、
3年生キャプテンを中心としてチームが一丸となって、
心=精神力では大きく上回っていたようにも感じる。
こんな風にダークホースが活躍して優勝する事があるのが、
全ての選手が力を出し切らねば勝てないという、
チーム競技である駅伝の面白さかもしれないな。
近年では2006年の箱根駅伝、
全く注目されていなかった亜細亜大学が総合優勝した時も面白かった。
復路を1位から2分51秒差の6位でスタート、
9区でトップに立ってまさかまさかの優勝を飾ったわけだけど、
その時も今回の日体大と同じで区間賞を取ったのはたった1人、
ブレーキになる選手がいなかった総合力での勝利だった。
さあ来年の箱根駅伝はどうなるのかな。
日体大がこの強さを維持できるのか、楽しみだ。

年賀状

雪後晴れ 最高気温:-9.0℃ 最低気温:-13.8℃

本来であれば25日に出そうと思っていた年賀状、
プリンターのトラブルにより印刷不可能となり、
2日遅れてようやく出すことが出来た。
メールも普段であれば良いんだけど、
やっぱりアナログな年賀状は大事にしたいと思っている。

軽トラの車検

雨 最高気温:9.7℃ 最低気温:6.6℃

うちの軽トラ、サンバートラックを車検に出すべく、帯広スバルへ。
今までディーラーに車検をお願いしたことはなく、
軽自動車検査協会に直接持ち込んで車検を取ったり、
付き合いのある整備工場にお願いしたりしていたんだけど、
今回はエンジンの不調もあってディーラーへ持ち込んだ。
エンジンの不調を直すために、
場合によってキャブレターを新調しなければならず、
そうなるとかなり高額になってしまいそう。
この軽トラは奥尻島に住んでいた頃に買った車で、
潮風にあたり続け、時に海水をかぶりながら走っていたので、
車体もあちこちサビが出ているし、色々問題が多い。
ちなみに代車はプレオの試乗車。
さすがディーラーだけあって、良い車をあてがってくれるなぁ。
今時の車はあらゆるものが電気制御されているけど、
基本的に10~20年落ちの中古車しか買う事がないので、
色々と戸惑ってしまう。
しかもこの代車はオートマ。
オートマは嫌い・・・やっぱりマニュアルが良いな。

F1日本GPで可夢偉が3位表彰台!

2012-grace529.jpg

晴れ

日中は堆肥移動と馬小屋掃除。
秋晴れで気持ちの良い一日だったけど、
トラクターにつけるロールグリッパーの油圧カプラのトラブルで、
2時間ほど四苦八苦してロスする事に。
夕方の搾乳を終え、家に入ると、
F1日本GPで、ザウバーフェラーリの小林可夢偉が、
3位表彰台を獲得したという速報がラジオから流れてきて、
嬉しい驚きだった。
まあ前日の予選で3位を獲得していたので、
順当にいけば表彰台に立てるとは思っていたけど、
まだ可夢偉は一度も表彰台に立ってないばかりか、
今シーズンは完全に運に見放され、
何度も表彰台のチャンスをモノに出来なかったのもあって、
過剰な期待はしないようにしていたところの朗報。
日本人ドライバーがF1で表彰台に立ったのは、
2004年アメリカGP、BARホンダの佐藤琢磨、
同じ鈴鹿では1990年、V・R・ランボルギーニの鈴木亜久里以来。
あとは表彰台の頂点に立ち、
日の丸を掲げられ、君が代が流れる日を期待したい。

コタツ

2012-grace528.jpg

晴れ後曇り

朝晩、寒くなってきたので、コタツを引っ張り出してきた。
北海道の人はあまりコタツを使わないけど、
元々、愛媛人なので、寒くなればコタツにミカンが定番だし、
ストーブとはまた違う暖かさがあって、なにより落ち着く。
北海道では冬、部屋の中をとにかく暑くする傾向があり、
昔働いていた職場等では、暑すぎて気持ち悪くなる位で、
時々、外に出ないと耐えられないものだった。
多分、北海道の冬の室内は、日本でも屈指の高温だと思うし、
少なくとも愛媛の実家よりどの家も10℃以上は暖かい。
でも私は室内を暖め過ぎるのは好きではないので、
場合によって吐く息が白い状態でコタツに入っていたりする。
体は温まりつつも、頭は涼しいというのが理想かな。

ハロウィンランタン

2012-grace515.jpg

曇り時々晴れ

100円ショップで衝動買いしたハロウィンランタン。
たくさん飾ると面白いかもしれない(笑)。
今年のハロウィンは、
うちで育てている巨大カボチャを刳り貫いて、
ジャック・オ・ランタンが作れると良いな。

金正日総書記の死去

曇り時々晴れ

北朝鮮の金正日総書記が亡くなったそうな。
そのまま金正恩が跡を継ぎ、すんなり三世代世襲となるのかな。
この国の民主化は一体いつになるんだろう。
本当に優秀な指導者であれば、
民主国家よりも独裁国家の方が発展性はあるので、
金正恩がどういう風に国の舵取りをするのか気にはなる。
民主主義は多くの人の意見が反映されるので、
大きなマイナスにはならない代わりに、
100点というよりは80点で良しとするものだと思う。
今の日本のように腐ってしまっていては良さも何もないけれど。
それはそうと、インターネットを見ていると、
独裁者がみな69歳で死去している。
金正日総書記、カンボジアのポル・ポト、
イラクのフセイン大統領、リビアのカダフィ大佐、
みな満69歳死亡だという。
何とも不思議な事だ。

ところで全く別の話だけど、NHKのニュースで、
アナウンサーが「ロシアのサハリンで・・・」という言動があった。
サハリンこと樺太のうち、南半分である南樺太は元日本の領土であり、
それを放棄した1951年のサンフランシスコ講和条約には、
ソ連(ロシア)は調印しなかった。
そのため、南樺太については帰属が未確定であり、
ロシアが侵略して実効支配しているにすぎない。
要するに、南樺太と北方領土を除く千島列島は、
日本が放棄したものの、どこの国の領土になるか決まってないのだ。
だから地図帳では色が塗られていないわけで。
ちなみに北方領土については日本固有の領土であり、
他の千島列島とは別で、放棄していないという解釈の元、
返還運動を展開している。
だから、何も北方領土だけじゃなく、
千島列島全島および南樺太も返還してくれと主張しても構わない。
まあそれはそうと、ロシアのサハリンと言ってしまうと、
ロシアの領有を認めた事になり、
この言動に少々違和感を感じたわけで。
最近は政治家も勉強不足でそういう事がしばしばあるけど、
そのたびに、日本は自国の領土に関して、
こんなに無関心で大丈夫なのかと思ってしまう。

年賀状作り開始

曇り

ふと、今日は11月最終日だと気付き、
明日から12月、もう今年も終わりじゃないかとハッとする。
葡萄栽培はスタートしたものの、いまだ酪農はスタートせず、
葡萄やバラ、ラベンダーの剪定、葡萄畑の杭打ちや番線張り、
庭造りや鶏小屋補修などの環境整備、堆肥出しと堆肥入れ、
畑の整理、牛舎の掃除など、出来る事をコツコツとやる日々。
そんな中、そろそろ年賀状を作らねばとやり始めた。
年賀状も200枚位になるので、それなりの出費が痛いけど、
こればかりは削るわけにもいかず、
お世話になった人、友人や知人は大事にしたいと思う。
こうしてネットが普及し、
メールなどが年賀状代わりという人もいるけど、
やっぱりあくまで年賀状は年賀状として出す事は厭わない。
今後、会社として色々事業が始まっていくと、
これに関係機関や関係者などが加わり、
大変な枚数になっていくんだろうな・・・。
いずれにしてもいよいよ師走、今年も締め括りをきちんとしたい。