fc2ブログ

馬を飼う事

時々、を飼う事についてメッセージを頂くので、
自分なりの考え方を書いておきます。
参考になさる方は大いにしてくださって結構ですし、
それは違うと思われる方はそれはそれで結構です。
今までも何度か同じ内容で書いているので、
かつて読んだ事がある方はどうぞスルーして下さいませ。

を飼う事に限らず、
あらゆる動物を飼う事はその動物の命を預かる事です。
それらの動物の生態を理解しようとせず、
自分の、人間の尺度で全てを判断しようとするなら飼わない方が良いかと。
動物達は自分の意思であなたに飼って欲しいと思ってはいないのです。
つまり、飼う以上は、その動物の視点に立ち、
人にとっての幸せではなく、その動物にとっての幸せを考えるべきなんですね。

ではを飼うためには何が必要になるでしょう?
まずはの生態をちゃんと学ぶ事から入るのが筋で、
ただ可愛いね、楽しいねでは、は不幸になるだけです。
ちなみに犬の飼い方や猫の飼い方などの本がいくつもありますが、
それらの生態から書かれている本がないというのが不思議です。
日本はペットに対しての考えが甘い証拠でしょう。
の飼い方についても同様ですね。
乗馬倶楽部や競馬関係の馬の飼い方は本来ではない事を肝に銘じ、
自分なりの馬の飼い方を模索すると良いと思います。
日本では色んな方面で活躍している馬がいますが、
結局は経済動物としての馬がほとんどを占めているのが現実です。
別に伴侶としての馬以外を認めないつもりはないです。
産業として馬に関わるものがある事は悪い事ではないですし。
ただ、家畜としての馬にだって、
より良い環境で飼ってあげるというのは大事です。
ただ、より良い環境というのは、あくまで馬にとってであって、
人間にとってではないという事が大事です。
乗馬倶楽部の立派な施設は人にとっては快適かもしれませんが、
馬にとっては固い地面で足に負担をかけ、
そして狭い馬房に閉じ込められるという最悪の環境です。
馬は広々とした土地でのんびり草を食むのが幸せであり、
そこに人が介入しすぎると、逆に馬を不幸にしてしまいます。
寒さに対する感受性だって人とは全く違います。
馬は氷点下20℃までは寒冷ストレスを受けない事が分かっていますが、
人はつい過保護にし、馬着を着せ、
見苦しいからという理由で冬毛を伸ばさないようなところが多いです。
それは馬にとってはありがた迷惑な話なのです。
それを突き詰めていくと、馬は外敵のいない野生状態が理想となります。
ただ、人の伴侶としての馬というのであれば、
それでは全くもって飼っている意味が無いかもしれません。
だから、馬の幸せを阻害しないで、
かつ、人と共存という道を模索する事も大事でしょう。
普段は放牧して、朝晩、若干の栄養を補給するため飼いつけをしたり、
ブラッシングをしたりする事でスキンシップをはかるのが大事ですね。

さて、馬とはどういう動物なのでしょう?
一番重要なのは、「草食」で「群れをなす」動物だという事です。
これを頭に入れておかないと全てがおかしくなります。
草食動物ですので、基本的には草以外の餌を消化できる内臓を持ってません。
なので、トウモロコシや麦などの濃厚飼料を与える場合、
その量には細心の注意を払ってやるべきです。
それに自信がないのであれば、草だけで馬を飼いましょう。
つまり、十分広い草地に放牧してやればこういう問題は考えなくていいのです。
ただし、その草地を人が作り出したものであればちょっと話が変わってきます。
草は草でもマメ科牧草主体の草地はトラブルの元です。
イネ科牧草主体の草地である事、出来るなら自然のままの草地が理想です。
自然のままの状態とは、雑草だらけで見苦しいかもしれませんが、
馬にとっては栄養バランスの取れた優れた土地なのです。

北海道の根室にユルリ島という無人島があり、
そこでは1頭の種雄馬と20頭の雌馬が群れとして野生で生活し、
もちろん年中放牧状態、そして自然繁殖をしています。
人は年に1回、子馬を間引いて市場で売却するのと、
4年に1回くらい、近親交配を避けるために種雄馬を入れ替えるだけです。
冬になっても雪の下で枯れずに青々とした笹が茂ったりしているからこそ、
年中放牧されていても餌に不自由せず彼らは雪を掘って生きるのです。

そういう土地が無い場合、仕方なく購入飼料に頼る事になるわけですが、
基本的に摂取エネルギーの半分は草でまかなわなければなりません。
草というのは青草でなくとも乾草でも構いませんが、
輸入乾草やヘイキューブといったものは、
見た目青々としていて素晴らしいように思うかもしれませんが、
あれは単に人工的に緑色に着色しているだけで良い物ではありません。
使うならそれを踏まえて使ってください。
乾草は場所をとりますが、国産の乾草の方が質は高いでしょう。

さらに草食動物というのは肉食動物と違い、
圧力がかかった際に逃れようとする傾向があります。
馬を調教する上では、この特性を利用するのもまた効果的です。
つまり、何らかの圧力をかけて逃げた先が、
結果的には人の望む行為にしてしまえば良い、という事です。

次に群れをなすという事は信頼関係を築く上で、
絶対見過ごす事は出来ない特性です。
他の動物で言うと、犬は群れをなしますが猫は群れをなしません。
群れをなさない動物は、利害関係なくして人との関係はありませんが、
群れをなす動物は、同じ群れを構成する馬・人との関係を大事にします。
そう、群れをなす動物というのは、
普段接する人も含めて一つの群れとして考えるのです。
馬と人とが共存し、馬だけじゃなく人も心を許せるようになるためには、
人がその群れのリーダーとして認められなければなりません。
ちなみに馬の認めるリーダーとしての資質としては、
群れの安全を保障し、厳格なる一貫性と深い愛情が求められています。
つまり、単純に暴力による上下関係という意味ではなく、
あくまで信頼関係に基づいた上下関係を築かなければならないという事。
もし、人が馬からリーダーとして不適格だと判断されれば、
馬は率先して人の指示はきかなくなります。
怒られるのが嫌だから、しぶしぶ従っている状態でしかないわけですね。
そんな状態だから、何か人に隙があった場合、反抗する原因となります。

最後に、愛情と過保護を勘違いしている人がしばしばいます。
そして虐待とは単純にその動物を痛めつける事だけが虐待ではなく、
ある意味、過保護というものも虐待の一種だと私は思っています。
過保護にする事で馬本来の持つ免疫や抵抗力を低下させ、
人のわがままを馬に押し付けて喜んでいる。
そういう人は馬を自分の道具としか捕らえていないんですね。
馬がどう思っているかというのを、馬の立場になって考えられない。
あくまで自分の価値観を強要し、擬人化してしまっています。
馬と人とは全く別の品種だと認識すべきでしょう。
馬が人より上の立場で、馬が人を飼う状況だったとします。
人を理解しようとしない馬は、人に対し牧草だけを与え、
氷点下20℃までは寒くないから服は着せないという状況になります。
人は草食動物ではないので、草だけという餌は苦痛ですし、
人は馬ほど寒さに強くない上、体毛が無いに等しいため、
服なしに氷点下20℃の中に放りだされたら死んでしまいます。
固く冷たい独房に閉じ込められ、利用される時だけ外に出される。
そんな囚人のような生活にあなたは耐えられますか?
つまり、異品種の動物同士が共存し、お互いに理解しようとするならば、
少なくとも上の立場の動物である人間が、飼う動物を知らねばなりません。
馬だけの話ではなく、犬や猫の飼い方、
そして突き詰めれば自分の子供の育て方にまで発展する話ですね。

常識とされている事が必ずしも正しい事ではないですし、
その辺は自分自身と愛馬との対話でより良い道を模索すべきです。
馬の事は馬に訊く、馬が一番の先生です。
特に、日本の馬に対する考え方、飼い方の常識なんてものは、
間違いだらけだと個人的には思っています。
経験はあるに越した事はないですが、
それよりも、常に馬の目線に立ってやれるかどうかが大事なのです。
馬を飼う環境というのも、人の都合を押し付けるのではなく、
馬の生活環境を優先して考えてやらねばなりません。
街中で何とか馬を飼おうと努力するのではなく、
馬が幸せに暮らせるよう田舎へ移住する、
それくらいの覚悟はあって然るべきではないでしょうか。

私の唯一の自慢は、馬を飼い始めて7年間、子馬も生産してきましたが、
一度も馬を病気にしたことがなく、
一度も獣医師のお世話になったことがない事です。
馬も人も、健康である事が一番の幸せであるはずでしょう。

レザンに乗馬

2010-mori364.jpg

2010-mori365.jpg

2010-mori366.jpg

曇り後雨

一昨日、約半年ぶりに愛レザンに乗した。
普段は目の見えるところにいるから、
乗ろうと思えばいつでも乗れるんだけど、
やっぱりこういうのって精神的にゆとりがないと無理らしく、
時間がたくさんあっても乗したいとは思わなかった。
今、引っ越しも終わり、仕事も決まり、
ようやく精神的にも落ち着いてきたところで、
久しぶりにに乗ろうかなと思いたったわけで。

レザンはまだ2歳で、今年の春に初めて鞍付け、ハミ付けをし、
騎乗馴致を始めたところでストップしてしまっていたので、
もう忘れちゃってるかなとちょっと心配だったものの、
実際のところ全く問題はなかった。
ちゃんと教えた事は覚えてるし、
今回も素直に従順、かつ機敏に動いてくれた。
今はまだ常歩、速歩、駈歩の移行をうまく出来るように、
そしてハミ受けを教えていく事に重点を置いているけど、
誰か箱番(壊れた障害を直したり、落下した横木を戻したりする人)
についてくれるような人がいれば、
障害飛越をも教えていきたいなとは思っている。
まあそんな人にアテもなければ、
私が奥尻へ行っている間に障害が崩壊してしまっており、
まずはそれを直さなきゃならないんだけど・・・(苦笑)。

中標津へ~16日目~

曇り

いよいよ中標津を後にし、奥尻に向けて出発する。
当初はバスを乗り継いで瀬棚へ行き、奥尻へ戻るつもりだったけど、
急遽じゅんさんも観光がてら一緒に奥尻に行くというので、
じゅんさんの車を私が運転し、二人で奥尻に向かうことに。
ただ、じゅんさんの都合で、旭川経由というロングドライブになった。
頑張ろう。

P8193330.jpg

P8193331.jpg
我が中標津牧場ともしばしのお別れ。
ルーシーもナータも悠博も、またね~。
KO君、Mさん、滞在中お世話になりました。
ありがとう。

2010-kuma01.jpg
夕方、出発を前に、じゅんさんの仕事終わりを待ってたら、
中標津市街に出没して大騒ぎになってた熊を仕留めたそうで、
その熊の後処理を手伝う事に。

2010-kuma02.jpg
車のボンネットに仕留めた熊の皮や肉の一部を載せ、
私が助手席から落ちないように抑えながら道路を走る(笑)。

2010-kuma03.jpg
しかしまあすごい臭い。
熊の臭いって強烈だった。
結局、中標津を出発したのは17時になってしまった。

旭川に到着したのは21時過ぎ。
じゅんさんが付き合いのある銃砲店へ。
2010-kuma04.jpg
これが取材の撮影に提供するじゅんさんのライフル2丁。
他にもたくさんの銃を持ってるらしいけど、
素人目にみてもすごい銃だなと思う。

ところで奥尻島に戻るのに合わせ、通販を再開しました。
「商品案内」のページを元通り使用できるようにしましたので、
どうぞ宜しくお願いします。

中標津へ~15日目~

晴れ

良い天気だ。
ここ数日、ようやく湿気の無いカラッとした晴れになり、
風は涼しく心地が良い。
今日も予定が無いため、のんびり過ごす。
ただ、明日はいよいよ奥尻島へ戻るため、中標津を出発する。
奥尻帰島は22日の予定。

P8193326.jpg
朝の飼い付け風景。

P8193327.jpg
達は私が飼っていた頃と変わらず、
ビートパルプ、燕麦、大豆粕を混ぜたものをもらっているようだ。
ビートパルプは北海道にしかない飼料で、
ビート(砂糖大根)の絞り粕をペレット状にしたもの。
栄養価が高いだけじゃなく、繊維分が豊富なので、の胃腸に優しい。
牛ではよく使われているけど、では珍しいんじゃないかな。
の飼料設計はずいぶん考えたなぁ・・・。
いかにコストを抑え、いかににとって良い餌はないかと。
色々な餌を調べた結果、
草以外ではビートパルプを主体とするのが理想だと行き着いたのだった。

中標津へ~14日目~

晴れ

特に予定がなかったため、プラットでひたすらブログの更新。

P8193328.jpg
「悠博」は以前と変わらず、繋ぎ飼いされている。

P8193329.jpg
木と木をロープで結び、そのロープにはリングが通してあって、
そのリングに「悠博」は繋がれている。
こうしてロープが張られている範囲を自由に動くことが出来、
2、3日でその範囲の雑草は綺麗に食べられ、環境整備になる。
雑草が無くなればまた雑草のある場所に繋ぎ変え、移動させていき、
木がない場所も、杭を2箇所地面に挿し込めば同様の事が可能で、
私がここにいたころは、
この「悠博」に家の周りの環境整備を一任していたものだった。

P8173301.jpg
そういえば中標津にラジオ放送局が出来ていた。
もともと中標津はラジオの聴取がとても難しい地域で、
中標津でもFMが聴けたらなぁと以前から思っていた。
2008年、FMなかしべつ放送というコミュニティFMが誕生し、
周波数87.0MHz、「FMはな」という愛称で放送しているという事で、
ここ数日、車の中ではFMはなを受信して聴いている。
良い曲が流れてくるし、聴きやすくてなかなか良い。
基本的に5時~19時は自社放送番組で、
それ以外はFMノースウェーブを流しているようだ。
いずれにしても中標津にFM局が出来たのは喜ばしい。

美しいポーレ

2010-mori075.jpg

曇り後雨

年度初めで、何となくの写真を載せたいと思い、
この前の日曜日に裏山で撮った愛ポーレの写真を。
気温の低い日で、葡萄畑の番線張りの合間にパチリ。
彼は美しい姿でしばし佇んでいました。

ばんえい記念

2010-banei01.jpg

晴れ時々曇り

一昨日の28日、帯広競場ではばんえい競最高峰の重賞レース、
「農林水産大臣賞典 第42回ばんえい記念」が行われた。
当日、帯広競場には全国から3,532人のファンが押し寄せたそうで、
同記念の売り上げは45,119,100円、
同日合計売り上げは予算対比8.36%増の151,873,900円と好調だったようだ。
最高重量1トンのそりを引くこのメインレースは世界で唯一の激闘であり、
毎年毎年素晴らしいレースが展開され、本当に感動する。
残念ながら私はネット中継すら見忘れ、後から結果を知ったんだけど、
トモエパワーの4連覇はならず、勝ったのは6番人気のニシキダイジン。
2着にカネサブラック、3着にナリタボブサップで、
伏兵が勝った事で、払戻金は単勝3,550円となった。
奥尻島に移住してきてから生でばんえい競を観る機会がなくなり、
それだけはとても残念に思う。
特にこのばんえい記念は、毎回鳥肌が立ち、他のレースにはない感動があるので、
またいつか観に行きたいなと常々思っている。
毎年のように経営不振、そして存続か廃止かの議論がなされるけれど、
来年度は今年度以上にばんえい競が賑わうよう、期待している。

ポーレのアクビ

2010-mori064.jpg

2010-mori065.jpg

曇り

ポーレは撫でてやっているとアクビを連発します。
なんなんだろう・・・リラックスして眠くなってくるのかな。